遺言作成でトラブル回避~税理士はマネートラブル解決隊~

女性

初めての遺言作成

paper

遺産に関する問題は、身近な問題にも関わらず、比較的に放っておかれがちな問題です。そのため、実際に遺産相続の段階になってから、大きなトラブルになることがあります。遺産相続がきっかけとなって、血縁者と疎遠になってしまうという可能性もあるのです。そういった遺産に関するトラブルを未然に防ぐためにも、遺言作成をしておくことは大切です。遺言作成をする時には、専門家である司法書士や弁護士といった人へ相談しましょう。

個人で遺言作成をする時に起こりがちなのが、法的に無効な遺言書を作成しているというケースです。遺言書は、法律に基づいた形で作成を行わなければ、無効となってしまいます。それを知らずに個人で遺言作成を行なってしまい、後々の遺産相続トラブルに発展するということが起こり得るのです。そのため、遺言作成をする時には、法律で有効となる方式で作成を行わなければなりませんが、一般の人には、その知識はあまりありません。そのため、法律の専門家である司法書士といった専門家に相談することが大切なのです。

遺言作成と一口にいっても、いくつかの種類があります。そのため、自分の持っている遺産と相続させる人によって、どの遺言作成が望ましいのかも考える必要があります。司法書士は、依頼人一人一人の状況に応じた遺言作成をサポートします。そのため、自分に最も適した遺言作成を出来るでしょう。また、遺言作成をしても、死後に相続人に発見されなければ意味がありません。また、自宅で保管する場合には、紛失の恐れもあります。もし適切な保管場所が見つからない場合は、司法書士が遺言書の保管を依頼することもできるのです。