遺言作成でトラブル回避~税理士はマネートラブル解決隊~

女性

思わぬ事故の相談は

グラフ

日常生活を送る中で、思わぬ交通事故に巻き込まれることがあります。交通事故に遭ってしまい怪我などをした場合、事故の後遺障害が残ってしまうことがあります。交通事故に遭った場合、生活のサポートになるのが相手からの賠償金です。交通事故の賠償金は、保険会社から支払われますが、適正な金額を支払って貰うためには弁護士への早期の相談が必要です。

保険会社が提示する賠償金は、後遺障害の等級認定に準じて設定されることがあります。この後遺障害の等級認定は、交通事故後に入院・通院を繰り返し、最後にこのような症状が残ったという症状が定まった状態で、手続きを行ないます。そのため、交通事故後の入院や通院の段階で、弁護士といった専門家に相談すると、どのような治療や通院を行なうのが、後の後遺障害認定に有利に動けるかといったことをアドバイスして貰えるのです。後遺障害の症状が固定してしまってから相談した場合、適切な等級認定の手続きができなくなる可能性があります。等級認定には、医師の診断書や特定の検査を受けたという報告書などが必要となることがあります。そのため、何も相談も行わずに、通院などを行ない、適切な診察を受けていない場合、後から申請に必要な書類を集めるのが困難となることがあるのです。

交通事故に遭った場合、弁護士といった専門家にすぐに相談へ行くのは難しいこともあるかもしれません。しかし、弁護士は無料で相談に乗ってくれることもあるので、自分で相談するのが困難であれば、家族や親族に代理で相談に行って貰うこともできます。交通事故に遭った場合、まずは弁護士に相談することで、適正な賠償金の請求に繋がるといえるでしょう。